​資料請求問い合わせ開始

ビジネスプレゼンテーション

弁護団説明会

説明会をオンラインで開催します

弁護団方針や委任の為の手続き等のご説明を致します。弁護団による質疑応答も予定しています

弁護団からのお知らせ

石の道

弁護団の目的

 私たちは、新たにスルガ銀行不正融資被害弁護団を結成して、スルガ銀行によるアパート・マンション(以下「アパマン」といいます)購入者への不正融資の実態を究明、追求し、被害救済に取り組むこととしました。

 莫大なアパマン売却・融資実行は実績追求に固執するスルガ銀行が仕組んだものであることは明らかです。にもかかわらず、スルガ銀行は、本年9月以降は不当にも訴訟やADR以外の交渉は拒否する方針を一方的に明示し、アパマン被害者を追いつめるに至っております。

 当弁護団としては、議会、行政、メディアの関係者をはじめ各方面の方々にスルガ銀行によるアパマン被害の実態を知っていただくとともに、今後、このような被害が繰り返されることのないよう、被害者の皆さんと協力して、その解決に全力で取り組んで参ります。ご理解とご支援をお願い致します。

SI被害弁護団

 これら救済目的達成のため、弁護団は、スルガ銀行・スマートデイズ被害弁護団(SS被害弁護団)の弁護士で協議の上、2021年5月25日に結成されました。

当弁護団は、以下の3要件のいずれかを満たす被害者について案件を受任し、救済を実現する取り組みを致します。
 

  1.  給与明細・預金通帳等の融資資料を改ざんされて貸付された方

  2.  収益見通しがあるかのようにレントロール等を改ざんされて貸付された方

  3.  物件を現実相場からかけ離れた高値掴みで購入をさせられたことが明白な方
     

 当弁護団では、2021年5月26日から、常設の相談電話窓口を設け、ご相談に対応し、被害者への参加を受け付けています。

​消費者問題に長けた弁護団

多くの被害者に対応可能にする為、消費者問題や大規模弁護団を経験した​45名を超える弁護士で弁護団は結成されています。各分野に長けた弁護士が連携を取り問題の解決にあたっています

弁護団Pict.png

弁護団体制

参考リンク

加害者側

被害者側

2021年5月25日より被害者の受付をしております。

弁護団への資料請求やお問合せは以下ボタンよりご連絡下さい

当ホームページは、被害者の皆さま方へ当弁護団の活動等をお知らせするために開設したものです。ホームページ上で、もっと情報を載せてほしいという声も寄せられますが、ホームページは、その性質上、加害者側であるスルガ銀行や関連する販売会社なども閲覧が可能なものですので、裁判所折衝や警察折衝のような最前線の情報の掲載はできません。サイト上の情報は、相手方にも告知可能な最低限の情報となりますので、ご了解ください。より詳細なご説明は、担当弁護士に直接ご相談ください。

※ 「情報提供」を歓迎します。 スルガ銀行・販売会社の内部資料、幹部の発言ビデオや録音テープなどの重要な証拠、隠し資産などの情報があれば、ぜひ当弁護団宛てに、ご連絡いただければ幸いです。